マルサンの国産大豆の調整豆乳が気になっていませんか?

マルサンの国産大豆の調整豆乳は特定保健用食品(トクホ)に指定されていますが、どのような効果があるのでしょうか?

そこで、マルサンの国産大豆の調整豆乳の特徴と口コミを調べてみました。

マルサンの国産大豆の調整豆乳の特徴とは

マルサンの国産大豆の調整豆乳の特徴を調べてみると、国産大豆の調整豆乳はコレステロールを低下させる特定保健用食品であることが分かりました。

特定保健用食品とは、消費者庁により有効性と安全性が認められた食品ですが、国産大豆の調整豆乳はコレステロールを低下させる有効性が認められていました

でもなぜ、国産大豆の調整豆乳はコレステロールを低下させる有効性が認められたのでしょうか?

その秘密は、国産大豆の調整豆乳に配合されている大豆タンパク質にありました。

大豆タンパク質とは

大豆タンパク質とは、大豆から抽出されるタンパク質のことで、大豆タンパク質にはコレステロールを下げる効果があるそうです。

マルサンは、コレステロールが高めの方61人を2つのグループに分け、大豆タンパク質のコレステロールを下げる効果を調べる試験を行いました。

そして、1つのグループには国産大豆の調整豆乳を12週間飲み続けてもらった結果、4週間前後から総コレステロールとLDLコレステロール値が下がることを確認しました。

以上の国産大豆の調整豆乳の効果を調べるヒト試験により、国産大豆の調整豆乳はトクホとして認められたのですね。

大豆タンパク質の作用

大豆タンパク質がコレステロールを下げる作用は、次のようになっていました。

腸内の脂質を分解するために胆汁酸が分泌されてますが、胆汁酸はコレステロールを含んでいるそうです。

胆汁酸は腸へ分泌されたあと、また身体に吸収され再利用されるそうです。

しかし、腸内に大豆タンパク質があると、胆汁酸は大豆タンパク質とくっつき体外へ排出されるようになるそうです。

そうすると、体内では不足した胆汁酸を作るために、血液中にあるコレステロールを肝臓に吸収して胆汁酸を作るそうです。

新しい胆汁酸を作るために血液中のコレステロールが使われた結果、血液中のコレステロール値が下がるということでした。

マルサンの国産大豆の調整豆乳の口コミ

マルサンの国産大豆の調整豆乳の特徴が分かりましたね。

次は、国産大豆の調整豆乳の口コミをみていきましょう。

国産大豆の調整豆乳の口コミ(アマゾンより)

・あまさ控えめで飲みやすい豆乳でした。

・効果の方も出ているかと思います。

・健康を気にしているので安心して飲めます。

口コミには、「国産大豆の調整豆乳は飲みやすい」という感想が多くありました。

さすが、豆乳製品を扱っているマルサンだけあって、豆乳を飲みやすく技術は高いのだなと思いました。

まとめ

マルサンの国産大豆の調整豆乳の効果と口コミをみてきました。

国産大豆の調整豆乳は大豆タンパク質の働きで、コレステロールを下げる効果があるトクホであることがわかりましたね。

大豆はコレステロール値だけでなくタンパク質補給にも最適です。

ですので、タンパク質補給とともにコレステロールを下げたい方には、マルサンの国産大豆の調整豆乳はおすすめだと思いました。