食後の血糖値が気になってませんか?

糖分の多い食事を食べると、食後の血糖値がどうしても上がりやすくなります。

食後の血糖値の急上昇は身体に良くないといわれてますので、食後の血糖値の上昇は抑えたいものですよね。

甘いもののを食べたい、でも、血糖値の上昇が気になる。

こんなときは、食後の血糖値対策ができるフィットライフコーヒーをお試ししてみてはいかがでしょうか?

フィットライフコーヒーとは

フィットライフコーヒーとは、ミル総本社が発売しているインスタントコーヒーの特定保健用食品(トクホ)です。

フィットライフコーヒーは食後の血糖値が気に方のために開発されました。

フィットライフコーヒーが食後の血糖値対策におすすめできる理由は、フィットライフコーヒーに入っている難消化デキストリンの働きにあります。

難消化デキストリンとは

難消化デキストリンとは、トウモロコシなど植物から抽出した水溶性食物繊維の一種のこと。

難消化デキストリンには小腸での糖分の吸収を抑える働きがあるそうです。

フィットライフコーヒーには難消化デキストリンが配合されています。ですので、食事と一緒にフィットライフコーヒーを飲むことによって、難消化デキストリンの働きで食後の糖分の吸収が穏やかになるのですね。

フィットライフコーヒーは、機能性と安全性が国から認められた特定保健用食品ですが、フィットライフコーヒーの保健効果は「糖分の吸収を穏やかにする」という保健効果になってました。

このように、「糖分の吸収を穏やかにする」フィットライフコーヒーの保健効果は、水溶性食物繊維の一種である難消化デキストリンの働きにあったのです。

フィットライフコーヒーは食物繊維が豊富

フィットライフコーヒーには、食物繊維もたくさん配合されていました。フィットライフコーヒーに入ってる食物繊維の量はレタス2個分なのだそうです。

食物繊維は腸内環境を整える作用がありますし、老廃物の体外への排出をサポートしてくれる働きもあります。

そういったことから、フィットライフコーヒーは食後の血糖値対策だけでなく、腸内環境を整えたいときも活躍してくれそうですね。

フィットライフコーヒーの特長

フィットライフコーヒーはインスタントコーヒーなので、お湯を入れるだけで美味しいコーヒーができます。フィットライフコーヒーの口コミでは味が美味しいと好評でした。

フィットライフコーヒーは、1回分ごとに小さな袋に入ってます。ですので、携帯にとても便利で、いつでもどこでもお手軽に食後の血糖値対策ができます。

この点が、フィットライフコーヒーの良いところだと思いました。

まとめ

食後の血糖値対策ができるフィットライフコーヒーの特長をご紹介してきました。

フィットライフコーヒーは、難消化デキストリンの働きで糖分の吸収を穏やかにする特定保健用食品です。

ちなみに、食後の糖分の吸収を穏やかにするトクホの飲み物には、フィットライフコーヒー以外にも綾鷹特選茶とかありますよね。

ですので、食後の血糖値が気になるときは、コーヒーが飲みたいときはフィットライフコーヒー、お茶が飲みたいときは、綾鷹特選茶などのトクホを飲んで、食後の血糖値対策をしっかりと行っていきましょう。